高性能のタイムレコーダーを導入する際にチェックした方が良い点は?


現場で役立つ便利な機能について把握しよう

タイムレコーダーは、一人ひとりの従業員の出退勤の状況を把握できるだけでなく、残業代の支払いや、長時間労働の防止などの観点からも大きなメリットがあります。最近では、職場内のパソコンやタブレットを使って操作できるタイムレコーダーアプリも続々と登場しており、従来の製品と比べて事務や人事の担当者の負担を軽減できるようになっています。こうした最新型のタイムレコーダーを導入するにあたっては、実際に現場で役立つ便利な機能について担当者が把握をしておくことが大切です。特に、自動集計機能や給与計算機能が優れているクラウド型のタイムレコーダーアプリは、業種や事業規模などによらず、多くの法人の間で普及が進んでいます。

早めに導入コストやランニングコストにも目を向けよう

クラウド型のタイムレコーダーアプリを長期にわたり使い続けるには、導入コストやランニングコストに目を向けて、負担が少ないものを優先的に選ぶことが大切です。たとえば、大手のIT関連企業が提供しているアプリの中には、昨日はシンプルながら無料で導入ができるものや、月々の利用料金が数百円程度とリーズナブルなものも多くあります。また、追加のコストを支払うことで、必要に応じてタイムレコーダーの機能をカスタマイズできるアプリもあるため、導入前にじっくりと色々なアプリの特徴を比較することが重要です。その他、従業員数が多い職場にアプリを導入する際は、定額で役立つ機能をいつでも利用できるものを探してみると良いでしょう。

タイムレコーダーの打刻を忘れてしまった場合でも欠勤扱いにはなりません。打刻の忘れを理由に欠勤扱いにした場合は、 労働基準法第24条に違反するためです。