通販物流にかかるコストを抑制させる取り組み


再配達はコストが掛かりすぎている

通販の利用者が急増する中で、その物流を支える宅配業者が悩まされているのが再配達です。実は、再配達をすることで宅配業者は赤字となってしまい、再配達の増加によって思うように利益を出すことが難しくなっています。サービスがきめ細かくなり、配達指定をすることができるようになっても、その時間帯に荷物を受け取ることができないというケースが多く、それによって通販物流を支える宅配業者が一番損をしている状況です。

再配達を減らすための試み

通販の増加に伴い、宅配業者は再配達の無駄やコスト削減のため、新たな試みを実施しています。例えば、大手の宅配業者では、荷物の受け取り主の都合が悪くなったときに、インターネット上で配達時間を変更できるサービスを開始しました。このサービスの登場により、再配達の無駄を減らすことに役立っています。また、荷物を受け取ることができる場所を拡大し、コンビニエンスストアや近くの営業所でも受け取れるようになりました。

置き配という新しい取り組み

通販物流の要である宅配業者は、置き配という新たな取組を実施しています。置き配とは、対面で荷物の受け取りをしなくても、指定した場所で荷物を受け取ることができるサービスです。例えば、置き配の場所を宅配ボックスに指定したり、玄関先に置いて配達完了とするシステムです。この新たな取組は、コロナウィルスの拡大によってさらに利用が拡大しました。これにより、宅配業者の配達コストの削減に大きく貢献することにつながっているといいます。

通販物流は現在、非常に盛り上がっています。通販がショッピングの方法として多くの方に浸透したので利用者が多い時代になりました。